FACTOR

こんばんは。小山です。

今日は初乗りに行ってきました。

今シーズンからイギリスブランド『FACTOR』を使用するので、年初めに今シーズンの相棒を紹介してみようと思います。

概要

FACTOR O2

フレームはFACTORの軽量モデルO2 Disc、ホイール、コンポーネントはDURA-ACEを中心としたSHIMANO製品を、ハンドル、ステム、サドルも同じくSHIMANOブランドのPRO製品を使用します。

タイヤはVittoria製品を、ボトル、ボトルゲージはElite製品を使用します。

Team UKYOカラーのフレームカラー
Csデザインワークス製ネームステッカー

ネームステッカーは、個人的にも2シーズン前からお世話になっているCsデザインワークス製のネームステッカーを使用します。

Bryton Rider 750

サイクルコンピューターはBryton Rider750を使用します。

先日発売された最新モデルで、カラー液晶、タッチパネル対応と非常に高性能ながらリーズナブルな価格のサイクルコンピューターとなっています。

こちらに関しては、後日改めて記事にしようと思います。


ファーストインプレッション

初乗りを終えて

実際に乗ってみてまず初めに感じたのは圧倒的な『軽さ』です。

どうしても重量が重くなってしまう傾向にあるディスクブレーキを採用しているにも関わらず、練習用の車輪で7.4-7.5kgと軽量です。

フレームの剛性も適度に柔らかく硬すぎないので、スプリントの感触も良好です。

登りが得意な選手ではないので、『軽さ』は大きなアドバンテージになりますし、スプリントの感触も良いので、総じて相性の良いバイクだと感じています。

シーズンが始まり、レースが始まった暁には、一つでも多くの勝利を挙げられる様に、この冬しっかりトレーニングを共にしたいと思います。

それでは、また。

投稿者: Tomoya Koyama

Official web site of Tomoya Koyama

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。